改めて気付いたtwitterの魅力

2009年から続いたTwitterクライアント「ついっぷる」が本日終了のお知らせを告げました。

「あら。どんどんツイッター関連のサービスが終了するじゃないか。。。」
と言ってる矢先に“今さら”ツイッターを本格的にやり始めました。(個人ではなく本業で)

個人としてのツイッターは、閲覧用でも情報収集する用でもなく、ただただ「思いを吐き出してスッキリする場」でした。
今回は本業で業務としての活用なので、もちろん企業アカウントとしての運営をはじめました。

実際にツイッター運用を業務に馴染ませてみて気付いたことなんですが・・・

なんせ早いっ! ということ。

情報速度がかなり早いです。

最近になりSNSについてもう一度きちんと向き合おうと思い、まずは習うより慣れろ精神で、とりあえず数をこなしているんですが

ツイッターの情報スピードにはほんと感嘆します。

で、これまたスピード重視のプラットフォームの特性か、感度の高いアカウントのツイートがこれまた秀逸だったりして

くぅー!ニクい表現しやがるなぁ〜 ということもしばしばあります。

まだ結果は全然出ていませんが、1週間経ちようやく慣れてきたので「すげぇな!」の気持ちを、ここに吐き出してみました笑

会社アカウント(UNIONNET Inc.)

個人アカウント

世の企業アカウント(の中の人)は、素晴らしいセンスを持っているな、と関心するばかりで、これからもショートケーキのいちごの如く「美味しいとこ取り」していきたいと考えています。

ではまた〜

Site Footer