“名刺交換”って、もう要らないんじゃないかな?

“名刺交換”って、もう要らないんじゃないかな?

セミナー参加や客先への訪問時に行う名刺交換。

勉強会等は昔から好きで、人と話すのも好きなんですが、長年感じてた違和感がその際に行う「名刺交換」。
最近になり、ようやくあの空気に馴染めない自分を認めれるようになりました。

名刺交換 = 会話する権利

例えばセミナー・勉強会というシチュエーションにて名刺交換をすることで、ファーストコンタクトが取りやすいのはわかります。
記憶に残りやすい、というのもわかります。

しかし、名刺がその人と話すための切符のようになっているのには違和感を感じます。

懇親会という場で、既に名刺交換を済ませ会話が弾んでいる2人が居るとしましょう。
そこに偶然横に居合わせた自分が話の途中から参加し、3人で会話をするようになります。
会話もひと盛り上がりし、どちらか片方が退席します。
すると、一方が「名刺交換いいですか?」と改まリ挨拶を行う。

このビジネス色が冷めさせます。

また登壇者の方との会話の際もそう。
登壇者とは名刺交換をしなければならない、という空気感。

勘違いしないで欲しいのは「話を聞きにきただけで名刺交換はしたくない」という意味ではありません。
無理にしなくてもいいんじゃないかな、ということです。
名刺交換をせずに会話を続けると、目の奥が笑っていない空気を感じるのは僕だけでしょうか。

偏り

名刺交換と話は少しそれるのですが、同じ業種や似たテーマのセミナーに参加していると、メンバーの偏りを感じることがあります。
別に悪いことではないので、否定するつもりはありません。
人気講師の際にはよくあることです。

その人のマインドが好きで、考えや流儀に憧れ、日常もその人の発言に一喜一憂する。尊敬することは良いことですし、何度も参加しマインドをその方に近づけるのは自分の肌に合っているのでしょう。

ただ、あまり自分で偏りを作ってしまうと、見えるものも見えなくなってしまう可能性があるのでは?と感じることも。

ビジネスシーンでの名刺交換は?

では、ビジネスシーンではどうなのか。
正直仕事上での名刺交換も違和感を感じるのが本音。むしろより一層要らないんじゃないのかな?と思います。
新規での訪問なら会社のサイトをURLで送ったほうが良いし、個人を知ってほしいならSNSで繋がった方が断然早い。
先程の登壇者と名刺交換をしなければならない、に近いと思います。(FBフォローすりゃ良くね?と)

おそらく「それではネット上に情報のない人や企業が困る」との意見も出てきそうだけど「そんなアナログと繋がって今後どうすんの?」とも。

とは言いつつ・・・

じゃあ、もう名刺交換しません。とする勇気はなく、これまで通りやり続けるわけなんですが、早い将来この文化がなくなることを説に願うばかりです。

以上、偏った見解記事でした。

Site Footer